業務委託と正社員の違い☆を説明しますね☆

業務委託と正社員の違い

新しい働き方を(マンツーマンスタイル)を

別府石垣から始めようとしているのですが

業務委託、面がしではないマンツーマンサロンって

そもそも何が違うの??

って

思いますよね!

面がしは集客を基本的になく

業務委託は集客をする場合もあるようです

当サロンの集客は会社がします。

面がしやフリーランスではないサロンって

わかりずらさがあると思いますが、

社会保険、基本給がある

会社組織で、スタイリストが勤務するサロンです。

マンツーマン対応以外は 皆様の美容室勤務とかわりはないと思います

マンツーマン対応でできる最大のメリットは

労働時間です。休みが週休2日で

1ヶ月の全労働時間が40時間短くしても

今と同じお手当も十分可能だと思います。

働き方はアドバイスできますので

それ以上も可能だと考えています☆

免許をいかして働くということは

持っていない人にはできないことですし
美容免許をもって
短い時間で成果(お給料)をだす
それが理想です☆

美容師を女性がする場合1番難しくなるのが

拘束時間です。

マンツーマンスタイルは

必ず最後のお客様を帰られるまで待つ必要がなく

ご自分のお客様が終った時点であがることができます。

施術側もスタッフに気を使わななくても大丈夫です。

マンツーマンスタイルだからできるスタイルだと思います。

目の前にいるお客様に集中してできるので

きっとやりがいと充実感があるはずです☆

女性が、美容免許をいかして
お仕事を長くしてもらえる環境作りを考えていて
拘束時間がもっとも
働けない理由の1つだと考えています
他に(お給料)などの問題もありますが
↑この部分はまたBlog書きます☆
マンツーマンスタイルだからできるお手当(歩合)があります。
個室空間のマンツーマンで
お仕事をしてもらうのでできるスタイルだと思います。
面がしやフリーランスという働き方も新しいスタイルだと
思いますが
長く会社で働いていきたい方
もしくは
(美容師の新しい働く環境をつくり離職率が低いサロンをつくり)
新しい経営に興味がある方は当サロンがむいていると思います☆
ここからはSALONAGUさんのBlogからの抜粋です
〜〜〜〜〜面貸し〜〜〜〜〜〜

面貸し(鏡貸し)とは、一般に「時間あたりいくら」「1日あたりいくら」という使用料を支払い、サロン内の使用していない鏡を借りて自分のお客様を呼び、施術を行うという働き方です。(使用料ではなく売上の何割かを渡す場合もあります)

面貸しは短期間に留まることも多く、「独立までのわずかな期間、自分のお客様を施術する場所を借りる」「自分のお店が改装工事をすることになり、その間だけ他のお店を借りる」などの理由で利用する方がいるようです。

使用料の中に薬剤料や光熱費も含まれていることがあり(お店によって規定は様々です)、落ち着いた場所や機材がなければできない仕事である美容師さん特有のシステムとして普及しています。

〜〜〜業務委託について〜〜〜

業務委託とは「正社員」や「アルバイト」のようにお店が美容師を「従業員」として雇うのではなく、1対1の独立した事業主として「取引をする」という形式の働き方です。これは美容業界に限らず、どの業界にもあるシステムで、いわゆる「フリーランス」の方はこれに該当します。

業務委託を引き受けるには、まず自分が「個人事業主」として開業届を税務署に提出し、美容室側の契約条件に合意する必要があります。(口約束ではなく契約書、承諾書、受領書が必要です

労働基準法上はどちらも同じ「業務委託」

実は、面貸しと業務委託は労働基準法上は同じ「業務委託」という働き方になります。「面貸し」は業界特有の呼び名というだけなのです。つまり、面貸しであっても業務委託であっても、業務を始める際はサロンに「雇われる」のではなく「取引」をすることになります。
どちらも最初に「個人事業主」としての開業届が必要になりますので、フリーランスとして身を立てる予定の美容師さんはお住まいの地域の一番近くの税務署に問い合わせてみましょう。

また、業務委託サロンで働いていたとしても個人が独立した事業主なので、万が一アクシデントが起きた際には自分で責任を取らなければないのも特徴の一つです。(実情はお店によりけりですが、法律上は自身の責任となります)また、業務委託サロンで働いていたとしても個人が独立した事業主なので、万が一アクシデントが起きた際には自分で責任を取らなければないのも特徴の一つです。(実情はお店によりけりですが、法律上は自身の責任となります)

面貸し・業務委託についてのまとめ

面貸しや業務委託で働くことには、その時点で独立してお店を持つということと変わらないくらいの責任が伴います。
「個人事業主」という立場は「正社員」や「アルバイト」を守ってくれる労働基準法には当てはまりません。責任はお店を選ぶあなた自身にありますから、正しい知識を身に付けて働くお店探しをしましょう。

 

2015年10月からはマイナンバーの送付が始まりました。これにより、所得・預貯金・年金・医療費等が12桁の個人番号を通して政府に管理されることになるので、将来的には業務委託で得た売上金の一部を確定申告しなかった場合、脱税として罪に問われる可能性が高まります。(脱税の罰則は5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金です。)
労働者として法律で守られにくいという反面、きちんと申告や対策さえすれば業務委託は手元に残る金額が大きいので、独立したい人にはピッタリの働き方と言えます。事業主に必要な知識も自然と身につきます。ぜひあなたに合ったお店を探してみて下さい!

 

↑上記は

SALONAGUさんのBlogが

すごく分かりやすかったですので

そこから抜粋しています!

SALONAGU様のHP

https://www.salonag.jp

ここからは

 

僕なりのまとめ

 

〜〜〜まとめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

業務委託や面がし   〜   別府店

社会保険なし     〜   社会保険あり

基本給なし      〜   基本給あり

勤務時間自由     〜   自由ではないが相談可能(実務労働時間相談可)

面がしは集客を基本的になく

業務委託は集客をする場合もあるようです

当サロンの集客は会社がします。

業務委託、面がしは

税金などの計算と納付。いわゆる確定申告を自分でしなければなりません。

なので、独立をみすえての勤務には
むいているかもしれません。

面がしやフリーランスではないサロンって

わかりずらさがあると思いますが、

社会保険、基本給がある

会社組織で、スタイリストが勤務するサロンです。

マンツーマン対応以外は 皆様の美容室勤務とかわりはないと思います

 

マンツーマン対応でできる最大のメリットは

労働時間です。休みが週休2日で

1ヶ月の全労働時間が40時間短くしても

今と同じお手当も十分可能だと思います。

働き方はアドバイスできますので

それ以上も可能だと考えています☆

免許をいかして働くということは

持っていない人にはできないことですし
美容免許をもって
短い時間で成果(お給料)をだす
それが理想です☆

美容師を女性がする場合1番難しくなるのが

拘束時間です。

 

マンツーマンスタイルは

必ず最後のお客様を帰られるまで待つ必要がなく

ご自分のお客様が終った時点であがることができます。

施術側もスタッフに気を使わななくても大丈夫です。

マンツーマンスタイルだからできるスタイルだと思います。

目の前にいるお客様に集中してできるので

きっとやりがいと充実感があるはずです☆

女性が、美容免許をいかして
お仕事を長くしてもらえる環境作りを考えていて
拘束時間がもっとも
働けない理由の1つだと考えています
他に(お給料)などの問題もありますが
↑この部分はまたBlog書きます☆
マンツーマンスタイルだからできるお手当(歩合)があります。
個室空間のマンツーマンで
お仕事をしてもらうのでできるスタイルだと思います。
面がしやフリーランスという働き方も新しいスタイルだと
思いますが
長く会社で働いていきたい方
もしくは
(美容師の新しい働く環境をつくり離職率が低いサロンをつくり)
新しい経営に興味がある方は当サロンがむいていると思います☆
興味がある方は
FACEBOOKからDMでもいいですし
大分市府内町アンフィニ
https://www.facebook.com/ooita.infini/
別府市石垣マンツーマンサロン
https://www.facebook.com/託児付き個室マンツーマンサロン-1740758489551909/
まつげエクステ専門店
https://www.facebook.com/eyelashloave/
メールからでも
infini525@yahoo.co.jp
求人にエントリーされる方は
http://www.infini-hair.com/infini-recruit/FORM.html
から
ご連絡ください☆

コメントを残す